必須サイト
音楽

2005年07月27日

創価学会員太田光の発言集

・拉致は日本の強制連行に原因があるのだからさっさと国交回復しろ
・中国韓国北朝鮮には永遠に謝罪続けても足りない。
・イラク人質3人を自己責任で叩いてる日本人は糞
・国民1人の命よりも重要な国益なんかない
・加害者である日本からアジアに対して何時まで謝罪すればいいのか等と言えない
・日本国民は一人当たり数百万円の賠償金を中国南北朝鮮に支払うべき。
posted by まさる at 00:08 | TrackBack(1) | 在日朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

在日朝鮮人の奇妙な行動

・強制連行されてきた(本当は密入国した)外国人のはずなのに、祖国に帰ろうとしない。
・本来の朝鮮人名を隠して日本人名を名乗り、祖国に帰ろうとしない。
・「日の丸を見るのも嫌だ」と言いながら、祖国に帰ろうとしない。
・「韓国は日本より素晴らしい」と言うが、祖国に帰ろうとしない。
・極左の支持者で右翼を敵視する一方で街宣活動も行い、祖国に帰ろうとしない。
・韓国の参政権もないのに、日本での参政権を画策し、祖国に帰ろうとしない。
・朝鮮人の凶悪事件の後、チマチョゴリ切り裂きを自作自演し、祖国に帰ろうとしない。
・某俳優のファンとしてTVに出るが、顔を隠すなど胡散臭く、祖国に帰ろうとしない。
・ネット上でも日本人に成りすまし、朝鮮擁護にやっきになり、祖国に帰ろうとしない。
・韓国の拉致被害者は無視し、日本の被害者家族には妨害工作、祖国に帰ろうとしない。
・韓国が存在するのに、「帰る場所はない」と言う。そして結局祖国に帰ろうとしない。
posted by まさる at 17:10 | TrackBack(1) | 在日朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮人を嫌っている人たち

【アメリカでは】
ロス暴動で、黒人が、韓国人商店を、襲った理由は、
・来店する、黒人を、犯罪者のような、目で、見る。または、差別的に扱う。
・スラム街で、これみよがしに、いきなり、ベンツで、乗りつけてくる。
・挨拶しても、返礼しない。

【ネパールでは】
ネパールの、シェルパ組合は、韓国人登山客の道案内はしないと表明。
理由は、韓国人はささいなことで、すぐ殴りつけるから。

【タイでは】
タイに進出した工場で、トラブルが多発。安月給で長時間働かせる。
韓国人経営者が、タイ人女子工員を殴りつけるなど。労働争議が多発。

【ベトナムでは】
言わずと知れた、ベトナム戦争。
他の同盟諸国が少数の兵しか送らなかったのに対し、韓国は海兵隊を師団単位で送った。
現地で虐殺や強姦が多発。今もってベトナム人の対韓感情は、最悪。

【台湾では】
中国との国交回復に伴い、台湾外交部を追放。
その跡地を中国大使館の敷地にと、中国に提供。台湾政府はこのことを、事前に察知して、
韓国政府と交渉したが、韓国政府はその弱みに着けこみ、売れ残りの韓国車5万台を押しつけた挙げ句、だまし討ちのように台湾との突然の断交を実行。
にもかかわらず、例の韓国経済危機のときは、厚かましくも台湾へ経済援助を要求。
台湾人をあきれさせ、そして憤慨させる。

【中国では】
中国に進出した韓国企業の評判もタイ同様、悪い。
特に、三東省に進出した韓国人経営者の横暴はひどかったそうで、
中国人労働者の、ストやボイコット・報復にあって、次々と撤退を余儀なくされた。
また韓国内の中国人差別がひどく、韓国系華僑は次々と外国に出国している。
posted by まさる at 17:06 | TrackBack(3) | 在日朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

盧武鉉大統領が在日朝鮮人について語る

盧武鉉大統領  03年6月の訪日時TBSのテレビ番組で
「異国で国籍を死守することがいいとは思わない、同胞にはその社会で貢献して欲しい」
「韓国戦争から逃げた連中が、祖国統一を口にするのはおかしな話だ。
日本には弾は飛んでこないだろう。僑胞にそんなことを言う資格などない。」
「私は僑胞の連中を信用などしていない。徴兵の義務を負わないくせに韓国人を名乗り、
日本の選挙権を求める。馬鹿げていないか。つまりは、いいとこどりではないか。
私たちが苦しい思いをしていた頃、僑胞の連中は私たちよりいい暮らしを日本でしていたのだ。
僑胞は僑胞だ。韓国人ではない。」
posted by まさる at 15:56 | TrackBack(0) | 在日朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。